高コレステロール血症の情報について

高コレステロール血症は脂質異常症や高脂血症と呼ばれます。「高脂血症」は、血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が多すぎる病気のことをいいます。

血液中コレステロールの高い状態が長く続くと、動脈の内壁にコレステロールが少しずつ沈着し、血管がだんだんふさがっ てしまいます。その結果起こる病気の代表が[狭心症]や[心筋梗塞]で、虚血性心疾患と呼ばれているものです。

ほんブログでは、高コレステロール血症の原因、症状、治療などの詳細情報についてご紹介します。

高コレステロール血症の原因
高コレステロール血症の原因としては、食生活・食事が大きく影響していると考えられます。たとえば、動物性脂肪の多い高カロ

高コレステロール血症

高コレステロール血症

リー食は、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を増やし、過酸化脂質を増加させます。ですので、食生活の改善が治療の第一となりますが、閉経後の高齢女性など、女性ホルモンの影響で食事などの生活習慣によらないものもあります。

また、遺伝性の脂質異常症も高コレステロール血症の原因と知られています。なかでも家族性高コレステロール血症は日本人では500人に1人の高い頻度でみられる遺伝性の疾患です。

高コレステロールの症状
高コレステロールの症状はほとんどの場合において自覚症状がないのが特徴です。

高コレステロール血症は、血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が増えた状態で、血液の粘り気も増しています。この状態が長く続くと血管内壁に脂質が沈着し動脈の壁が厚く硬くなっていきます。その結果、心臓では狭心症や心筋梗塞、脳では脳梗塞など命にかかわる恐ろしい合併症を招きやすくなります。

高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高トリグリセリド血症といった種類があります。

高コレステロール血症の治療
高コレステロール血症の治療には、食事の改善が大事です。動脈硬化を進めないようにすることが高コレステロール血症の治療の重要な目的です。まず食事や運動を含んだライフスタイルの改善を行い、動脈硬化による病気を起こすリスクが高いときには薬物療法が追加されます。

普段の食事で以下の点に気をつけましょう。
食べ過ぎは、脂肪の過剰摂取を招き肥満の原因となります。1日に摂取するエネルギー(カロリー)を適正にすることが大切です。これには標準体重から1日に必要なエネルギーを求め、過不足のないエネルギーを摂取することを心掛けましょう。

獣肉類の脂肪(飽和脂肪酸)1:植物性脂肪や魚の脂(不飽和脂肪酸)1.5~2の割合で摂取するよう心がけて、卵黄・レバー・ベーコン・たらこ・すじこなどコレステロールの高い食品は1回の量をおさえましょう。

ビタミンやミネラル、食物繊維をしっかりと摂取し、緑黄食野菜(ビタミンA)、野菜類(ビタミンC)、植物油・種実類(ビタミンE)などを積極的にとりましょう。