高コレステロール血症と中性脂肪がポイント

高脂血症とは、血液中にコレステロールや中性脂肪が増えすぎることをいいます。中性脂肪は、エネルギーの貯蔵庫という重要な役割を果たしています。私たちの活動エネルギー源は糖質ですが、糖質が不足したときは中性脂肪をエネルギー源として使います。

コレステロールは、脂肪の一種で、ホルモンや胆汁酸の生成の材料として利用され、生命活動になくてはならない働きをしています。1日あたり1~1.5g必要とされ、その約30%は食物から、残りの70%は体内で合成されます。

体内のコレステロールは常に一定量になるようにコントロールされており、たとえ、コレステロールの多い食物を食べたとしても、そのバランスは保たれるようになっているのです。

善玉コレステロールと悪玉コレステロール

コレステロールが血液にのって運ばれるためには、血液中に溶け込む必要があります。そこで、アポタンパクという水になじむタンパク質に包まれて流れていきます。このアポタンパクに包まれた一つ一つの脂昉の粒子をリポタンパクといい、おもにコレステロールを運ぶのはLDL(低比重リポタンパク)と、HDL(高比重リポタンパク)です。

LDLの仕事は、細胞に細胞膜の材料となるコレステロールを運ぶことで、余ったコレステロールはHDLが回収して肝臓に戻します。この2つのリポタンパクがうまく連携ブレーをこなし、常に一定量のコレステロールを供給できていればいいのですが、LDLが増えすぎたり、逆にHDLが減ったりすると、コレステロールが動脈壁に付着し、動脈硬化を引き起こしやすくなるのです。このような体内での役割の違いから、俗に,LDLは悪玉コレステロール、HDLは善玉コレステロールと呼ばれています。

一方、中性脂肪は小腸で吸収された脂肪からつくられ、カイロミクロンと呼ばれるリポタンパクによって血液中に溶け込み、筋肉や脂肪組織に送られます。そこで予備のエネルギー源となるのです。余った中性脂肪は肝臓に運ばれて、再び合成され、VLDLというリボタンパクによって、再度、筋肉や脂肪組織に送られます。残りは分解され、最終的にはLDLに変化し、HDLも減少させるこ とから、その結果、動脈硬化を促進させることになります。

高脂血症のおもな原因は食生活

コレステロールや中性脂肪は、増えすぎては困るけれど、人間にとって不可欠なものです。

高脂血症は血液中の脂肪が多いだけなので、自覚症状はほとんどありません。多くの場合、健康診断によって、コレステロールや中性脂肪の数値を知り、気づくようです。高脂血症と診断されるのは、総コレステロール値が220mg/dl以上、中性脂肪が150mg/dl以上の場合です。

高脂血症のおもな原因は食生活にあり、高エネルギー、高脂肪食の過剩摂取によるところが大きく、特に女性の場合、どうしても脂肪分の多いものをとりすぎがちなので、十分注意しましょう。遗伝やほかのさまざまな病気から誘発される場合もあります。

高脂血症は自覚症状がほとんどないので放置しがちですが、長年ほうっておくと、動脈硬化を進行させたり、さまざまな生活習慣病を引き起こすことにもなりかねません。きちんと医師の診察を受け、食事療法にまじめにとり組むことが必要です。